遠赤外線応用治療のパイオニア 株式会社サンメディカル お問い合わせ・カタログ請求    
トップページ 商品サン・ビーマー 商品サン・マット サポート情報 展示会情報 導入施設情報 会社情報
 
株式会社サンメディカル≪導入施設情報≫
 
 
遠赤外線応用医療機器サン・ビーマー&サン・マット 導入施設ご紹介

≪敬称略・あいうえお順≫
浅田レディースクリニック アモルクリニック 小野産婦人科・宝生不妊クリニック かぬき岩端医院
京野アートクリニック ココカラ・ウィメンズクリニック さわだウィメンズクリニック 親愛産婦人科
セキールレディスクリニッ 高橋ウイメンズクリニック 高橋レディースクリニック 竹内レディースクリニック
八戸クリニック産婦人科 英ウィメンズクリニック はらメディカルクリニック はるねクリニック銀座
平井外科産婦人科 藤澤フラウエンクリニク 宮崎レディースクリニック 山下レディースクリニック
レディースクリニックあいいく
表記以外にも多数ご利用いただいております。


 
院 長 浅田 義正
愛知県春日井市松新町1-4番地 ルネック5F
TEL0568-35-2203

当クリニックは、人に優しい、地球に優しいだけでなく、卵にやさしい環境のためにホルマリンなどを含まない建材(主に珪藻土)を使い、 豪華華美でなく、落ち着いた1種癒しの空間でありたいというコンセプトで作られました。 さらに、プライバシーやインフォームドコンセントを尊重するために、診察室以外に6つの相談室を設けています。 もちろん、ラボのレベルを高く保つため、十分なスペースと設備を完備しています。 また、2人目不妊の方も遠慮なく受診できるように、お母さん同士が気兼ねなく大きな声で話ができるプレイルーム兼相談室もあります。(親子トイレもあります。) 待ち時間に出歩くこともできるように呼び出し用のPHSも準備してあります。 説明会、スタッフミーティング、研究会のための多目的ホールも設けました。 テーラーメイド医療を実践できるPatient Centered Clinicをめざして頑張っています。

院長 浅田義正 プロフィール
1982年 3月 名古屋大学医学部卒業
1991年 5月 名古屋大学医学部産婦人科助手
1993年 1月〜 米国最初の体外受精専門施設に留学し、主に顕微授精(卵胞質内精子注入法:ICSI)の基礎的研究に従事
1994年 12月 The Jones Institute For Reproductive Medicine,Eastern Virginia
Medical School,Norfolk,Virginia
1995年 5月 精巣精子を用いたICSIによる妊娠例の日本初の報告
1995年 12月 名古屋大学医学部付属病院講師
1998年 4月 ナカジマクリニック 不妊センター開設
2004年 5月 浅田レディースクリニック開業
▲先頭へ

 
院 長 児島 孝久
横浜市港北区新横浜3-20-3/701
TEL 045-475-1000

アモルクリニックは「できるだけ早く、より自然に」、「ベストな時にベストな治療を」が信念の、不妊治療に全力で取り組んでいるプロフェッショナルな集団です。 又子宮筋腫の新しい治療法として、おなかを切らずに子宮を残す動脈塞栓療法も行っています。
▲先頭へ

 
院 長 小野 晃範
大阪府堺市東区日置荘西町1丁12-10
072-285-8110

不妊症でお悩みの方々が赤ちゃんを授かられお生みになられるまでの相談と治療に、スタッフ一同情熱をもって取り組んでいます。
▲先頭へ

 
院長 岩端 俊久
静岡県沼津市下香貫前原1479-3
TEL 055-932-8189
▲先頭へ

 
院 長 京野 廣一
宮城県仙台市青葉区本町1-1-1 三井生命仙台本町ビル(アジュール仙台)3F
TEL 022-722-8841

不妊治療にあたりまして、詳しい説明とカウンセリングをいたします。
その上でご夫婦に合った、納得できる治療を行います。

患者様、先生、スタッフ一同協力しあい治療を進めていけるようにコミュニケーションを大切にしていきたいと思います。

院長 京野廣一 プロフィール
福島県立医科大学卒業
平成7年7月宮城県古川市に開業
高度生殖医療に専念

星合昊先生(現 近畿大学産婦人科教授)とともに、日本最初の体外受精妊娠出産に成功
当院で性染色体異常と脊髄損傷の男性における不妊治療に成功しました。
・性染色体異常と脊髄損傷の男性における不妊治療
(毎日新聞【2002.1.12】・河北新報【2002.1.11】)
当院で日本初の凍結卵子で妊娠・出産に成功しました。

・ 凍結卵子で妊娠・出産 (日経新聞【2001.6.5】・河北新報【2001.6.6】)
▲先頭へ

 
院長 吉澤 加奈子
愛知県名古屋市東区泉1-23-36 NBN泉ビル4階
TEL 052-950-5077
▲先頭へ

 
名古屋不妊センター
愛知県名古屋市千種区四谷通1-18-1
第36オーシャンプラザ3F
院 長 澤田 富夫
名古屋市千種区四谷通1-18-1
TEL 052-788-3588

冷え症、腰痛、月経痛などの治療のみならず、不妊の方でホルモンバランスのくずれのある方、 なかなか排卵しない方を対象にサンビーマを使用して効果を得ています。毎日希望者で一杯の状態です。

院長 澤田富夫 プロフィール
昭和51年慶応義塾大学医学部卒業
卒業後産婦人科で生殖医療・不妊治療を専門に臨床・研究を行ってきた
平成13年4月さわだウィメンズクリニック開業
現慶応義塾大学医学部産婦人科客員講師
藤田保健衛生大学医学部産婦人科客員助教授
▲先頭へ

 
院 長 北島 隆史
院 長 藤井 良造
兵庫県姫路市網干区垣内中町260番地
TEL 0792-71-6666

当院は姫路市の西端に位置し平成10年6月に開院した新しい産婦人科医院であります。
ベット数19床の医院ですが、最新の医療機器を導入し、医師は安全で確実な医療を心掛け、 助産婦・看護師は患者様重視の献身的な看護を行い、患者様と御家族、両方に信頼される医院になれるように努力しております。 診療内容は出産が中心ですが、思春期から老年期の疾患まで幅広く治療しており、 また不妊治療に関しては体外受精、顕微受精、凍結胚移植など高度な生殖補助技術まで行っております。
▲先頭へ

 
院 長 関 守利
群馬県高崎市栄町17-23
TEL 027-330-2200

高崎タワー21 レディースクリニックにおける特色
体外受精胚移植を中心に据えた、高度不妊治療を特長とするクリニックである。

漢方は日本東洋医学会専門医の関 美千子医学博士が担当する。これにより、不妊治療の最先端技術と漢方治療の融合したユニークな医院となる。
診療内容については今までの診療経験を生かして内容のある質の高い診療をすることが、 医院に課せられた基本的な責務と考えていることはもちろんであるが、その基礎の上に立った、医院環境の快適さを追求する新しい婦人科医院をめざす。
春先、晩夏〜初秋は戸外の待合室を日本で初めてつくり、風と光を感じながら順番待ちを可能にいたしました。

日本で初めての試み
高崎タワー21 内 3-4階にある山種美術館を待合室の代わりに患者に利用してもらい、優雅な待ち時間を過ごして貰うことが可能である。 このような形態の診療所は日本全国で初めての試みであると考えられる。
患者には当院において貸し出すポケットベル、携帯電話を利用してもらい、 美術館や近隣の高崎駅ビルなどの商業施設で買い物をして診察までの時間を有効に利用して貰う。
▲先頭へ

 
院長 高橋 敬一
千葉県千葉市中央区新町18-14 千葉新町ビル6階
TEL 043-243-8024
▲先頭へ

 
院 長 高橋 具視
千葉県佐倉市ユーカリが丘4-1-1 イーストタワー2F
TEL 043-463-2129

高橋レディースクリニックは、分娩以外の婦人科疾患の相談・治療を専門とする総合婦人科クリニックを目指して平成5年9月に開業しました。 不妊症に関しては、特に力を入れており、一般の不妊症の方でしたら、適切な検査、治療を受けていただければ、1年の内に大抵は妊娠に至ります。 “2回までの採卵で結果を出す”が合言葉です。 体外受精、顕微受精、精子凍結、受精卵の凍結保存も積極的に行っています。 しかしまずは何とか自然に近い形で妊娠が出来ないかと考えて治療していくのが基本方針です。
▲先頭へ

 
院 長 竹内 一浩
鹿児島県姶良市東餅田502-2
TEL 0995-65-2296

当センターでは、なるべく自然に近い形(最小限の治療法)で妊娠できるように考えています。 その為には、十分な検査が必要です。その上で個人個人にあった治療法を検討しています。 近年は、男性不妊症(乏精子症・無精子症)を含めた難活性不妊症が増加しています。これらに対しても最新の技術をもって対応しています。 私どもは、院長をはじめ、各専門スタッフが、日夜全力を尽くして、一人でも多くの人が、お母さんになれるよう努力いたしております。
▲先頭へ

 
理事長 小倉 秀彦
青森県八戸市柏崎1丁目8-32
TEL 0178-22-7725
▲先頭へ

 
院長 塩谷 雅英
兵庫県神戸市中央区三宮町1丁目1-2 三宮セントラルビル2階
TEL 078-392-8723

「きっと・・・きっとすべての女性が素敵なママになれる。わたしたちはそう信じています。」

赤ちゃんが欲しいのになかなか妊娠しない、「もしかしたら私、不妊症かしら?」と心配のみなさん、不妊症の治療はここ10年で、目覚しく進歩しています。 以前はあきらめるしかなかった原因も、ほとんど克服されているのです。
英(はなぶさ)ウィメンズクリニックでは、京都大学および神戸市中央市民病院で長年体外受精などの不妊治療にあたってきた実績と最先端の技術を駆使し、 不妊で悩む多くのご夫婦に一日も早く朗報がもたらされるように日夜奮闘しています。
どうかすべての女性が、愛すべき赤ちゃんを授かりますように・・・。

当院の治療方針
検査および治療にあたりましては、皆さまのご希望をうかがった上で、皆さまとの話し合いを大切にし、 御納得いただけるまで十分に説明させて頂きます。 また、医師によるカウンセリング(無料)、看護師によるカウンセリング(無料)、メール相談などにて 治療への不安や疑問を解消して頂ける様に努力しております。 さらに、気功・ヨガ教室(3回/月)、体外受精教室(2回/月)をはじめとした各種の教室にて検査・治療を 円滑に進めることが出来る様に配慮しております。
不妊症の治療を無駄なく進めるためには、その原因を追究することが大切です。
当院では、綿密な検査計画のもとに効率良く検査をすすめます。
原因が明らかになりましたら原因に応じて治療方針をご提案いたします。
検査には通常1ヵ月を要します。これからの検査は殆どが保険扱いとなります。
▲先頭へ

 
院長 原 利夫
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-8-10
TEL 03-3356-4211
▲先頭へ

 
院 長 中村 はるね
東京都中央区銀座1-5-8 Ginza Willow Avenue
TEL 03-5250-6850

院長 中村はるね プロフィール
1980年 金沢医科大学卒業
東京大学付属病院分院産婦人科で研究を重ねた後、虎ノ門病院産婦人科非常勤務などを経て、現在、東京・銀座のはるねクリニック銀座院長
▲先頭へ

 
院 長   平井 裕(外科)
副 院 長 平井 ひろみ(産婦人科)
福岡県大牟田市明治町3-8-7
TEL 0944-54-3228

AIH、IVF-ET、腹腔鏡検査、凍結胚移植、ICSI(顕微受精)、漢方、カウンセリング、免疫療法やリンパ球治療による不育症治療、精子凍結などを行っています。
▲先頭へ

 
院 長   藤澤 知
愛知県豊川市四ツ谷町2-53
TEL 0533-84-1180
▲先頭へ

 
院 長 宮崎 和典
大阪市北区豊崎3丁目17番6号
TEL 06-6371-0363  FAX 06-6372-0585

1992年 近畿地方で最初の不妊治療専門クリニックとして開業しました。
1993年には、近畿地方で初めて顕微受精による妊娠や、精巣上体精子を用いた顕微受精による妊娠に成功するなど、不妊治療の先駆的な役割を担っています。
私共は、赤ちゃんという子宝を探す御夫婦の夢を実現するために、心をこめてお手伝いいたします。

院長 宮崎 和典 プロフィール
大阪医科大学医学部卒業
同産婦人科入局
▲先頭へ

 
院 長 山下 正紀
兵庫県神戸市中央区磯上通7-1-8 三宮インテス4F
TEL 078-265-6475

クリニックの特色
不妊症には一定の方針のもとに継続性のある治療が求められます。複数の医師が日替わりで診察する場合、 “治療方針が途中でコロコロ変わってしまう。”という苦情をよく耳にします。
一貫した治療を受けていただくことは不妊治療を成功に導くうえでとても大切なことです。
当院は担当させていただく医師は院長一人だけです。このことは不妊治療をスムーズに進める上でとても有利なことです。 ご夫婦ごとに一貫した方針での治療を安心して受けていただけます。

院長 山下正紀 プロフィール
1954年生まれ 京都府出身
1980年 京都大学産婦人科に入局
1984年 舞鶴市民病院産婦人科医長
前年の1983年に日本で初の体外受精児が誕生。この出来事に大いに刺激され生殖医療への取り組みを開始した。

1986年 オーストラリア・アデレード大学で体外受精の基礎から臨床について研鑽。
同年舞鶴市民病院にて近畿初のGIFT法による妊娠に成功。引き続いて体外受精にも成功し同院の生殖医療を確立した。

1990年 神戸中央市民病院に赴任。
産婦人科医長、体外受精チーフとして数多くの患者の治療の実際に携わってきた。

1997年 1月 神戸三宮に山下レディースクリニックを開設。

一般不妊治療から体外受精、顕微受精まで患者の適応によりどの段階の治療も行っている。
▲先頭へ

 
院 長 榎園 祐治
鹿児島県鹿児島市小松原1-40-2
TEL 099-260-8878
▲先頭へ


▲先頭へ




Copyright©1986-  SUN MEDICAL CO.,LTD All rights reserved.